貧乏マインドでは、通貨は稼げない。趣味も楽しめない。生活困窮。経済も発展しない。

さあ、これから厳しい時代がやってきますね!皆さん今まで通りの仕事や考え方で安定した生活、趣味の楽しみを継続できると思っています?たぶん半分以上の人は厳しいでしょうね。そんな時代に少しでも気付きや知識、意識づけの基になればいいなと思います。そんなブログを書けたらいいなと思います。

2025年問題  たぶん半端ないです・・・

政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦氏が警鐘を鳴らす「2025年問題」を、「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人口が7,000万人まで落ち込む一方で、65歳以上の人口は3,500万人を突破する。2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』と説明している。

人口減は経済成長の足かせになることを意味していて、超・高齢化社会加速は社会保障制度の疲弊を意味します。否、破綻の危機である!

2025年は、お金と人が足りなくなる時代(財政難・労働人口減)

この先、甘い時代は来ない。時代に求められる人材に自分を変えるという意識を持った人間が生き残る時代

年金制度崩壊・医療制度崩壊による医療機関の破たん。医師の半数が皆保険制度は維持できないと考えているのが現実。

格差社会?いやいや、日本人の半数以上が貧困層になる可能性大である。

なにより恐ろしいのは、8年後の2025年問題に対して、政府の対策が見えないこと、報道もされていないこと、そして、私達国民がほとんど意識していないことなのです。

貧困層にならないための方法のひとつを私は知っています。今準備しなければ、今可能性にかけなければもう後はないと考えます。

youtu.be

 

厳しいですが、今からでも何かしら行動できることはあるはずです。全員が成功することはないですし、貧困の差もやむを得ない。それが資本主義社会ですから。

黙って残りの人生日本に捧げるか、自由に生きようとあがくか、努力もせずに国や時代や制度や会社のせいにして愚痴をこぼし続ける人生か、日本から脱出するか。すべては本人次第。公務員や大企業の社員も例外ではない。

これから来る金融革命は大きく時代が変わります。 ゆえに、ビジネスチャンスも訪れます。しかしながら、ピンチになる人たちも沢山出てくるのも間違いなさそうです。 少しでも多くの方が、これからの時代を楽しく余裕を持って乗り越えられるようなヒントになればいいと思います